航空チケットを買い取ってほしい

航空券という言葉を聞くと「購入する」というイメージがあるかと思いますが、それに限ったことではありませんよね。
「売る」という場合もあると考えた事はあるでしょうか。
もし急な予定が入って航空チケットを使う機会が無くなってしまったなんていう事も考えられますよね。
もちろん、正式に各航空会社にキャンセルなどを申し込むという手段もあります。
しかし、キャンセル料金を取られるなどといったこともありますよね。
「出来れば誰かに譲ることが出来たら」なんて思うこともあるかもしれません。
お知り合いの方がたまたま必要だったなどと言うケースであれば楽なのですがこのようなケースは稀です。
ですから「売る」という事を手段の1つとしてみてはいかがでしょうか。
不必要になってしまったチケットでも、第三者からすれば必要なチケットになりうるわけです。
ですから、買い取ってもらうことによって自分自身も大きな損失はありませんし買い手の方も通常料金よりもお得にゲット出来るのでうれしいというわけです。
さて、具体的にチケットを売る方法ですが様々な方法があります。
1番最初にピンとくるのが金券ショップでしょう。
金券ショップではチケット類も買取可能となっています。
格安航空券でもそうですが、回数券などと言うスタンスのものでも買取可能な場合も。
店舗によって多少の誤差は出てきますが汚れなどがある場合でもOKという事もありますので、先ずは問い合わせてみたり店舗に持ち込んでみるというのはいかがでしょうか。
購入代金と同等の金額で買い取ってもらえるという事は先ずありませんのでその部分においては認識しておく必要があります。
買取率が高いところですと9割程度の価格で買い取ってくれるなんていうところも。
これだけ高い率であれば良いですよね。
もちろん1枚からでも査定・買取はしてもらえます。
他にも個人的にとなればオークションを活用するなどといった方法があるでしょう。
ある程度オークションに関しては慣れていたほうが良いとは思いますが、有料制などを取り入れていてより安全性を高めているサイトもありますので、そうしたところを中心に利用して行くのもまた賢いチョイスかと思いますよ。
また日付を変更したいなどと言う場合は、売りに出して再び購入をするというよりも、航空会社にて変更手続きを行ったほうが得策かと思います。
不必要になったチケットは、このように状況に合わせて対処をしていくと良いでしょう。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報